懐かしのトークンドルイド

こんばんは、たかしです。

 

今回はデッキ紹介です。

 

月末ということで面白いデッキ、オリジナルのデッキを使いたくなりました。

そこでトークドルイドを使っています。

レシピはこんな感じです。

f:id:takashi_tkg:20170726205123j:plain

 

Twitterで流れてきた外国の方のレシピを参考にしました。

勝ち筋としては動き回るマナやヴァイオレットアイの講師で横展開をして、スペルカウントが溜まってきたら魔力の巨人を並べます。

困ったらヨグに暴れてもらいましょう。

ファイアフライは普通に1ターン目に出すのもよし、後半に引いたら講師に巻き込んでバフするのもよし、応用の効くカードです。ハンド消費1で2体並ぶのは強いですね。

 

競売人は回すというよりかは相手に処理を強要させるために使うことが多いです。

ドロー力はとてもあるデッキなので回しすぎるとすぐデッキ切れします。

かつてのマリゴスドルのように引ききってバーストするデッキではないので注意です。

 

マリガンは練気とマナ加速を狙います。

積極的に練気とマナ加速で講師や巨人を出して相手に処理を強要させましょう。

 

動き回るマナは次にやりたい動きがある時は打たない方がいい場面もよくあります。

次は何マナで動きたいか、きちんと考えてから打たないと残念なことになります・・・

 

入れ替え案としてファイアフライか古代地の番人を獰猛な咆哮にする等が考えられますね。ただ、そうするとかなり動きが遅くなってしまうことが問題になります。

 

コントロール系のメイジにはかなり強いです。シャーマンは無理です。

 

使っていて楽しいデッキなので皆さんも是非使ってみてください。