ドラゴンラザカス

こんばんは、たかしです。

久しぶりの更新になりました。

 

今月はドラゴンラザカスプリーストでレジェンドに到達しました。

流行りのラザカスプリーストにドラゴンを入れた構築になっています。

Sateさん(@satellite_HS)という方が原案のデッキです。

配信を見て良さそうだったので使わせていただきました。

数枚、自分のプレイスタイルに合わせて変えています。

f:id:takashi_tkg:20171020215909p:plain

f:id:takashi_tkg:20171020215912p:plain

少し写真が汚いです、すみません。

 

テンプレのラザカスとは違い、ヴェレン等のバースト系カードは入っていません。

理想のゲームプランとしてはドラゴンで盤面を作り、相手のミニオンを除去しながらラザでヒロパを0にします。

DKに乗ってアレクを相手の顔面に打って詰めて終了です。

 

マリガンはラザ、カザカス、グリマールートはどの相手でも基本的に残します。

DKは相手や他のハンドを見て残すか決めましょう。

 

ヴェレン型のラザカスとは違い、バーストはあまり出ないのでミニオンとヒーロパワーを合わせて打点を出すことを意識します。

対プリースト戦ではドラゴンが除去されにくいので有利に戦えます。

ヴェレンOTKを防ぐためにカザカスから装甲を取るのもいいと思います。

また、ヒールするカードが少ないので宴のプリーストは大事にしましょう。

 

ヴェレン型のラザカスが肌に合わない人は是非使ってみてください。

 

 

 

懐かしのトークンドルイド

こんばんは、たかしです。

 

今回はデッキ紹介です。

 

月末ということで面白いデッキ、オリジナルのデッキを使いたくなりました。

そこでトークドルイドを使っています。

レシピはこんな感じです。

f:id:takashi_tkg:20170726205123j:plain

 

Twitterで流れてきた外国の方のレシピを参考にしました。

勝ち筋としては動き回るマナやヴァイオレットアイの講師で横展開をして、スペルカウントが溜まってきたら魔力の巨人を並べます。

困ったらヨグに暴れてもらいましょう。

ファイアフライは普通に1ターン目に出すのもよし、後半に引いたら講師に巻き込んでバフするのもよし、応用の効くカードです。ハンド消費1で2体並ぶのは強いですね。

 

競売人は回すというよりかは相手に処理を強要させるために使うことが多いです。

ドロー力はとてもあるデッキなので回しすぎるとすぐデッキ切れします。

かつてのマリゴスドルのように引ききってバーストするデッキではないので注意です。

 

マリガンは練気とマナ加速を狙います。

積極的に練気とマナ加速で講師や巨人を出して相手に処理を強要させましょう。

 

動き回るマナは次にやりたい動きがある時は打たない方がいい場面もよくあります。

次は何マナで動きたいか、きちんと考えてから打たないと残念なことになります・・・

 

入れ替え案としてファイアフライか古代地の番人を獰猛な咆哮にする等が考えられますね。ただ、そうするとかなり動きが遅くなってしまうことが問題になります。

 

コントロール系のメイジにはかなり強いです。シャーマンは無理です。

 

使っていて楽しいデッキなので皆さんも是非使ってみてください。

 

 

 

今月のランク戦まとめ

こんにちは、たかしです

 

今月もそろそろ終わりということで、ランク戦の振り返りをしたいと思います。

僕は月末ラダーをガリガリ回す方でもないしこれ以上順位を上げられる感じもないので来月まではゆっくり試したいデッキを使っていこうと思います。

 

今月の最高は138位でした!

15日くらいの順位だったと思います。

ここから1000ぐらいまで下がって今は1000から1500をうろうろしています。

 

月の真ん中ぐらいはミラクルローグが強く、主に翡翠ドルイドを狩っていました。

メイジが何故かあまりいなかったことが大きかったですね。

 

今は翡翠ドルイドとアグロドルイドとシャーマンとメイジをよく見かけます。

海賊はたまにしか見ません。

翡翠ドルイドはヨグサロンが入っている型がほとんどで、主にミラーと巨人型のミラクルローグを倒すための構築になっていると思います。

 

メイジも相変わらず強いです(当たり前)

でも翡翠に暴食ウーズ等の武器破壊が入るとほとんどメイジに勝ち目は無いとおもいます。

競売人と滋養による驚異的なドロー力でほぼ確実に武器破壊を引けるのでメディブが役立たずになります。

 

個人的な問題としてプレイミスが目立ちます。

最近ちょこっと配信をしているのですが後から見てみるとなんでこんなプレイしてるんだろうと思うことが多いです。

もっとうまくなりたい・・・・

 

おそらく今の環境は翡翠ドルイドが一番有利を取れていると思うのでいまから滑り込みレジェを狙うなら使ってみるのがいいと思います。

 

翡翠を食べるカニを出せ、なんて冗談で言われていましたが本気で出るかもしれませんね・・・ それぐらいデッキパワーとしては高いです。

 

僕も翡翠ドルイド練習しようと思います。

それでは、また

レジェンドを目指して

こんにちは、たかしです。

 

最近ランク戦をたくさん回していまして、レジェンドに到達することが増えてきました。僕が所属している2WBLのメンバーもレジェンド到達する人が増えてきています。

そこで今回はレジェンドに到達するために何をするべきなのか、個人的に思ったことを書いていきます。

 

 

はじめに

強いデッキを使え、たくさん試合をしろ、アグロデッキを使え、同じデッキを使い続けろ、考えてプレイしろ・・・・・

 

いろいろな記事やブログで書かれていることですね。

これについては「ハースストーン レジェンド」の様なキーワードで検索するとすぐ出てくると思います。たくさん参考になる記事があります。

 

ですが、僕が一番大事だと思うことがあります。それは

心が折れないようにすること

です。

 

ハースストーンは運の要素が強いと言われています。

YouTubeではありえないようなラッキーな場面をまとめた動画がたくさんありますよね。僕も暇なときに見てはたくさん笑っています。

動画の中でだったり自分がプレイしているときであったり、ラッキーな場面に遭遇することがあります。

しかし、それが自分の対戦相手に起こった場合、しかもそれが原因で負けてしまった場合、大多数の人はガッカリします。僕なんかはよくPCの前で唸っています。

 

それが何戦も続くときもあります。そんなときはどういう気持ちになるでしょうか?

大多数の人はランク戦をやめてしまうと思います。

そういうとき、どうすればいいのか、僕の普段考えていることをまとめてみます。

 

戦績を記録しよう

レジェンドになるためにはたくさん試合をこなす必要があります。

レジェンドを目指している人はたくさん試合をしていると思います。

 

ハースストーンの中では戦績を表示することは出来ません。

これはたくさん試合をしている人にとってはすごくもったいないことです。

自分のデータを客観的に見ることで、苦手な相手や得意な相手がわかってきます。

 

また環境に多いデッキを体感では無く、データで見ることによって対策を練ることができます。

各種カニ等のカードやウーズ等の武器破壊カードの採用についての参考になります。

 

また、デッキ毎の勝率を見ることで今の環境で自分が勝つことが出来ているデッキを選択しやすくなります。

 

戦績を記録するツールは有名なものがいくつかあります。

皆さんも調べてみてください。(ちなみに僕はTrack-o-Botというのを使っています)

 

そして戦績を見てあまりにも負けが続いているときは自分の感情の状態を見てみましょう。

いろいろなゲームで言われることですが

怒っている状態では勝てません

 

負けが続いて冷静ではいられなくなった場合は素直に休憩しましょう。

冷静であることが勝利への近道です。

 

 

一緒にプレイする仲間を見つけよう

これは心が折れないようにするためには非常に重要なことです。

 

ハースストーンが好きで、レジェンドを目指している人でも、たくさん試合をすると飽きますし、イライラする場面も増えてきます。

 

そんなとき、一人だとなかなかモチベーションを回復できません。

 

一緒に通話やチャットをしながらプレイする仲間がいればすごく励みになります。

また、自分のプレイに対するアドバイスをもらうこともできます。

自分のプレイの問題点はなかなか自分では気がつかないものです。

 

終わりに

ここまで簡単に書きましたが、読んでくださってありがとうございます。

皆さんもレジェンドを目指して頑張りましょう!

そして、ハースストーンを楽しもう!

 

JTFに出場しました

こんにちは、たかしです。

 

今回はHearth Stone Japan Team Festival(通称JTF)に出場してきました。

 

私は2WBLというコミュニティに参加していて、そこからWWBLというチームで出場させていただきました。

結果としては予選敗退という形になったのですが、普段ラダーを中心としてプレイしているのでいい経験になりました。

 

個人では3-0で終われたので良かったと思います。

 

JTFはグローバルゲームルールで行われている大会です。

自分の持ちヒーローを2つ選択して、相手のヒーローを見て自分がどちらか1つを選択します。

僕はプリーストとローグを選択しました。

理由としてはプリーストもローグもチーム内でよく使っているのが僕ぐらいで、僕がプリースト大好きマンだったからです。

 

プリーストの強みは相手のヒーロー構成に合わせてデッキタイプをかなり変えられるところで、コントロールマッチが予想されたら内なる炎などを搭載することでかなり強気に出れます。

もちろんアグロデッキには優秀なAoEや火霊術師、狂気ポーションなどでカウンターすることができます。(海賊は無理)

ローグと組みあわせることで相手のデッキ選択をかなり迷わせることができたように感じます。

 

対戦の結果としては

1戦目 使用:プリースト Jimons's cooking難民 corosukeさん シャーマン

2戦目 使用:ローグ ノズドルム kaka612さん ローグ

3戦目 使用:ローグ 金チョー同盟 sTakkatoさん ローグ

3-0でした。

 

各対戦を振り返ってみます。

1戦目は相手のヒーローがドルイド、シャーマンということでこちらにクエストローグの可能性がある以上翡翠ドルイドの可能性は無く、アグロドルイドか進化シャーマンを出してくる可能性が高いと感じました。

そのため火霊術師と狂気ポーションを2枚搭載したコントロールプリーストを使用しました。

結果的に相手は進化シャーマンだったので序盤から盤面をコントロールし、勝利することができました。

 

2戦目は相手のヒーローがウォリアーとローグでした。

この時点ではクエストローグがナーフされていたので、相手は挑発ウォリアーを持ってくる可能性も考えましたが、こちらのヒーロー構成的に海賊ウォリアーの可能性が高いと考えました。

海賊ウォリアーに関してはプリーストに対策カードを入れたところであまり勝てる相手でも無く、ミラクルローグに対してもあまり有利を取れるとは感じなかったのでそれならどちらにも勝ち筋のあるミラクルローグを持っていきました。

結果的に相手もミラクルローグだったので、熾烈な魔力の巨人のぶつけ合いになりましたが、なんとか勝利することができました。

 

3戦目は相手のヒーローはシャーマンとローグでした。

こちらがプリーストを見せている以上シャーマンで来る可能性が低く、仮にシャーマンだったとしてもそこそこ勝てるミラクルローグがいいと考えてミラクルローグを選択しました。

相手の選択はシャーマンでした。進化シャーマンではなくアグロシャーマンという感じの構成でキツイかなと感じましたがしっかり盤面を処理して勝利することができました。

 

 

相手のヒーローとデッキタイプを予想して戦うのはラダーとはまた違った楽しさがありました。

かなり局所的なメタも張れるのでこのルールの面白いところだなと感じました。

 

今回対戦してくださったチームの皆さんと運営の皆様、そしてWWBLのチームメンバーに感謝します。

とても楽しく対戦できました。またチーム戦の機会があれば出てみたいです。